みんなのコンセプチュアルワーク #160728~思考テーマ:提供価値宣言

このページは、「コンセプチュアル思考」ワークショップを受講の方々が創造した答案を紹介するものです。 今回のワークショップは、仕事・キャリアに対して、意味や価値軸を考えることを中心テーマとしました。「なぜ働くのか?」という自問は大事ですが、こうして漠然と問うてみても、漠然としか考えられません。そのために、「コンセプチュアル思考」では、さまざまに切り口を入れた問いを行ないます。 その一つが『私の提供価値宣言』と名づけたワークです。ワークシートは次のような記載になっています。 私は仕事を通し 「           」を売っています。 さて、あなたはこの空欄に何という言葉を入れるでしょう。 自分は自動車メーカーに勤めているから、 『私は 「クルマ」 を売っています』 自分は介護事業会社に勤めているから 『私は 「介護サービス」 を売っています』 というような答えを求めているわけではありません。この空欄には、自分が仕事を通じて提供したい「価値」を書いてほしいのです。なぜなら、私たち一人一人の働き手は、目に見えるものとして具体的な商品やサービスを売っていますが、もっと根本を考えると、その商品やサービスの核にある「価値」を売っているからです。 例えば、保険会社の販売員は根本的には「経済的リスクを回避する安心」を売っていると言えます。また、新薬の開発者であれば、その仕事を通して「その病気のない社会」「健康になるための発明・発見」を売っているととらえることができます。財務担当者は、会社に対し「正確さ・緻密さ・迅速さによる経営の判断材料」を売っているのかもしれません。 スポーツ選手であれば「筋

みんなのコンセプチュアルワーク #160713~思考テーマ:枠を外す

このページは、「コンセプチュアル思考」ワークショップを受講の方々が創造した答案を紹介するものです。 今回のワークショップは、物事のとらえ方をしなやかにする方法について学んでいます。「コンセプチュアル思考」では、下図のように大きく6つの種類で分けて考えています。その中で、最もシンプルでありながら、最も強力な発想法なのが、「1-a:掛け合わせる」です。 独創的な発想は、ときに異種の掛け合わせから生じます。例えば、「イチゴ大福」とか「回転寿司」がそうです。この発想はどうしたら生まれるのでしょうか───? それは論理的手順によって生まれるというより、“セレンディピティ”的な偶発の作用によることが多いのではないでしょうか(論理が不要ということではありません。論理は前提として、手段として不可欠なものです)。その偶発の作用を呼び込むために重要なものが「発想を生むレディネス(readiness)=意識・能力の準備状態」です。 この「レディネス」を鍛えるために、今回行なったワークが『ポット・マジック・アイディエーション(ポットの魔法によるアイデア発想)』。ランダムに引き当てた言葉のカードを掛け合わせて、新しいコンセプトの商品・サービスの発想をするという思考トレーニングです。今回の設定は、旅行代理店の商品開発担当者としました。想定外の言葉(=概念・切り口)を掛け合わせて、旅行商品の発想をします。 【答案サンプル】 (*図をクリックすると拡大画面になり、スライド形式で見ることができます) 自分の担当する商品・サービスの発想をするとき、私たちはどうしても既成の枠内で閉じて考えてしまいがちになります。

最新記事・最新案内
ほんとうに豊かな発想は、
豊かにものごとをつかむところで起こる。

ほんとうに深いモチベーションは、
深い思索から湧く。

ほんとうに強い仕事・キャリアは、
強い内省が支える。


『コンセプチュアル思考の教室』
みなさんがほんとうは大事だと感じながら、でも、
日ごろの多忙な仕事生活で置き去りにしている
「じっくりと本質を考える力」を養うサイトです。

 

*「ニュースレター」のサンプルは ここをクリックしてください

*購読の登録後、「ニュースレター」がスパムメールとしてゴミ箱やプロモーション箱に振り分けられることがありますのでご注意ください。

深く考える 豊かにひらく「強い個」の働く意識をつくる人財教育
© Career Portrait Consulting  2003-2020

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon