みんなのコンセプチュアルワーク #160525 ~思考テーマ:成長とは何か

このページは、「コンセプチュアル思考」ワークショップを受講の方々が創造した答案を紹介するものです。「コンセプチュアル思考」は4つのスタンスを掲げていますが、その4つ目は次のとおりです――― 〈客観を超えて主観を持つ〉  ・冷静な客観は重要。ただそれは大前提であるだけ。  ・コンセプチュアル思考の目的は、概念を起こすこと、意をつくること、   物事に意味を与えること、自分にとって最善の解釈を生み出すこと。   その思考による答えは人それぞれのものになってよいし、ならざるをえない。   持つべきは客観を超えたところで研ぎ澄ませる主観。 コンセプチュアル思考は、概念を起こす思考であり、意や観をつくる思考です。ある物事に対し、辞書/事典の定義を覚えることは簡単です。そうした客観を超えて、どうその人なりの主観的・意志的な定義を持つかが、むしろ強く生きていくためには重要です。 「世の中に事実はない。ただ解釈があるのみ」(ニーチェ)という言葉があるように、結局、私たちは自身が養うものの見方(=観)で生きる世界を決めていくからです。 今回の考えるテーマは「成長」。「成長」するとはどういうことかを、言葉で定義し、それを図で表わします。講義に使ったワークシートは次のようなもので、コンセプチュアル思考の基本フローである「π(パイ)の字」(①抽象化→②概念化→③具体化)の流れにそっています。今回のワークショップでは時間の都合もあり、①②を行ないました。 【答案サンプル】 「成長とは何か」を自分なりに定義し、図に表わす (*図をクリックすると拡大画面になり、スライド形式で見ることができます)

最新記事・最新案内
ほんとうに豊かな発想は、
豊かにものごとをつかむところで起こる。

ほんとうに深いモチベーションは、
深い思索から湧く。

ほんとうに強い仕事・キャリアは、
強い内省が支える。


『コンセプチュアル思考の教室』
みなさんがほんとうは大事だと感じながら、でも、
日ごろの多忙な仕事生活で置き去りにしている
「じっくりと本質を考える力」を養うサイトです。

 

*「ニュースレター」のサンプルは ここをクリックしてください

*購読の登録後、「ニュースレター」がスパムメールとしてゴミ箱やプロモーション箱に振り分けられることがありますのでご注意ください。

深く考える 豊かにひらく「強い個」の働く意識をつくる人財教育
© Career Portrait Consulting  2003-2020

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon